常勤歯科医師

院長:中川正樹  Masaki Nakagawa

 

 愛知学院大学歯学部を卒業後、愛知県津島市・名古屋市緑区の歯科クリニックに勤務し一般歯科を中心に診療。

 

 また同時に、愛知学院大学歯学部付属病院第一口腔外科(現 顎口腔外科)に研究生として5年間在籍し、難抜歯や口腔外科手術、夜間当直などを経験。

 

 2000年フィリピンのスラム地区でのボランティア歯科治療「AGUDAA-V-PHILIPPINES」に参加、無償歯科治療ボランティアプログラムのメンバーとなる。

 

 その後、弘岡秀明先生(スウェーデンデンタルセンター)のぺリオコースを修了し、科学的根拠に基づく歯周病治療を学ぶ。また、生田図南先生・福重真佐子先生のセミナーを受講し、歯科における滅菌・消毒の重要性とその方法を学び臨床に導入。

 

 2006年沖縄県に移住、宜野湾市の歯科医院にて地域歯科医療に従事した後、2007年愛知県瀬戸市に「ブライト歯科こども歯科」を開院

 

 2013年日本外傷歯学会認定医を取得、その後評議員となる。(2016年7月迄)また、2017年に日本口腔内科学研究会の口腔漢方認定医となる。

 現在は、瀬戸市立本山中学校の学校歯科医としても活動し、生徒の歯科健診や歯科に関する授業も行っている。

 

<所属団体>

愛知県歯科医師会 マウスガード認定登録医

日本口腔内科学研究会 口腔漢方認定医

SCDI(臨床歯科インプラント学研究会) 主宰

日本外傷歯学会 認定医

日本口腔インプラント学会

国際歯周内科学研究会

 

<趣味など>

ライジングスターズ(少年野球チーム) コーチ

読書・ドライブ・野球

副院長兼スタッフ統括部長:中川実千(みち)  Michi Nakagawa

 

 朝日大学歯学部在学中に「ASAHI・UCLA・MEIKAI DENTAL STUDENT EXCHANGE PROGRAM」の選考を通過、UCLA歯学部に留学。卒業後、愛知学院大学臨床研修医を修了し、同大学第一口腔外科(現 顎口腔外科)へ入局。

 フィリピンのスラム地区でのボランティア歯科治療プログラムAGUDAA-V-PHILIPPINESにも参加する。

 

 退局後は、小児歯科専門医のもとで小児歯科治療を中心に診療。その後、矯正歯科専門医のもとで、矯正歯科治療を学び矯正歯科治療に従事。

 

 2007年より「ブライト歯科こども歯科」副院長として小児歯科・矯正歯科を中心に担当すると共に「矯正専門外来」を立ち上げ、専門的で精度の高い矯正歯科治療システムを構築。

 

 2015年より、マウスピース矯正治療の更なる充実の為アラインテクノロジー社(米国)公認のインビザライン・ドクターとなり現在にいたる。

 

<所属団体>

床矯正研究会

SCOT(矯正歯科臨床研究会)

インビザライン・ドクター(米国アラインテクノロジー社公認)

 

<趣味など>

英語・卓球・バレーボール・フラメンコ・バイオリン

2児の子育てに奮闘中!

医局長:古田英豊  Hideatu Furuta

 

 2008年愛知学院大学歯学部を卒業。臨床研修医修了後、一般歯科クリニックでの勤務と並行し、同大学歯周病学講座に専攻生として入局。

 

 同大学附属病院の歯周病科で中程度~重度の歯周病治療を数多く経験し、日本歯周病学会認定医を取得。

 

 退局後は、歯周病治療専門医院での勤務医、大手医療法人歯科医長を経験。

 

 2015年より、当院の医局長として一般歯科・小児歯科・矯正歯科など幅広い分野の治療に携わると共に、「歯周病専門外来」主任歯科医師として、本格歯周病治療を行っている。

 【 実は・・・副院長:中川実千先生の弟です (^o^)v 】

 

<所属団体>

日本歯周病学会 認定医

床矯正研究会

SCDI(臨床歯科インプラント学研究会)

SCOT(矯正歯科臨床研究会)

 

<趣味など>

サッカー・フットサル

イクメン(娘を溺愛中!)

 


非常勤歯科医師

インプラント担当:矢田浩章  Hiroaki Yata

 

 愛知学院大学卒業後、博士号を取得。

 愛知県がんセンターでのがんに関する研究、多治見市民病院口腔外科での臨床医を経て、名古屋市歯科医師会附属歯科衛生士専門学校講師・愛知学院大学第一口腔外科(現 顎口腔外科)助手となる。

 

 その後、鶴見大学へ移籍し関連病院である草加市立病院口腔外科科長として、インプラント・腫瘍・外傷など様々な分野の治療や研究・教育等に従事。

 

 なお、インプラント治療においては歯ぎしりのある症例・骨の無い症例等、これまでインプラントが出来ないとされていたケースに対し、インプラントを可能にする様々な新手術法を考案し、国内外の学会で発表。他院で断られた症例を中心に、インプラント施術本数3000本以上

 

 専門はがん治療とその後、失った部分を補う再建外科であり、形成外科で用いるテクニックや顕微鏡を用いたマイクロサージェリーによる審美的で機能的な治療を得意としている。

 

 現在は、(株)船井総研の創業者である故船井幸雄会長に想望され草加市立病院を退職、(株)船井本社一階に設立した船井幸雄記念クリニック 矢田デンタルセンター」(静岡県熱海市)にて院長として日々臨床と研究に専心している。

 

 なお、「船井幸雄記念クリニック 矢田デンタルセンター」での治療は、全て自費治療(保険外)であるにも関わらず、その高いレベルの治療を求め、米国・沖縄などの患者さんが国内外から空路にて来院している。

 

 【現在、「船井幸雄記念クリニック 矢田デンタルセンター」(静岡県熱海市)の予約は、約2ヶ月待ちとなっております。】

 

<所属団体>

日本口腔外科学会 認定医・指導医

日本顎顔面インプラント学会 指導医

日本がん治療医認定医機構 指導医(歯科口腔外科)

SCDI (臨床歯科インプラント学研究会) 特別顧問

 

 

矯正歯科担当:戸苅 健   Ken Togari

 

 愛知学院大学卒業後博士号を取得。同大学矯正歯科に入局し、多くの矯正歯科治療に従事。

 大学病院にて、インプラント矯正外科との連携が必要な矯正、またインビザライン(マウスピース矯正)など最新治療や難症例を数多く経験し、日本矯正歯科学会認定医を取得。

 

 同大学矯正科非常勤助教を経て、現在は「オレフィス矯正歯科」に勤務。なお、現在までの矯正治療件数は2000症例を超える

 

<所属団体>

日本矯正歯科学会 認定医

SCOT(臨床矯正歯科治療研究会)主任指導医

近畿東海矯正歯科学会

インビザライン・ドクター(米国アラインテクノロジー社公認)

 


歯科衛生士・事務長